日本と違う海外の大学事情~ドイツの大学は卒業が難しい?~

日本と違う海外の大学事情~ドイツの大学は卒業が難しい?~

日本とドイツでは教育システムや人々の進路に対する考えに非常に大きな差が見られますが、実際に大学に進んでからも日本の大学生とドイツの大学生、もしくは学業への取り組み方には違いがあります。一体、どんな違いなのでしょうか?

■4年できっちり卒業の日本とゆっくり卒業のドイツ
「日本とドイツは似ている」と言われることも多いのですが、人々の考え方、社会のシステムなどを詳しく見ていくと大きな違いがあります。
まず、進路の決め方。以前もこのコラムでもご紹介したことがあるように、州によって異なりますが、ドイツでは10歳という早い段階で進路を決める必要があり、小学校を卒業する時には将来的に大学へ進学するコース(ギムナジウム)とそうでないコースに分かれます。

 また、日本では高校在学中に大学の入試試験を受けるのが一般的です。その合否により、翌年の4月から大学生になるわけですが、ドイツはこの点でも異なる制度を持っています。ドイツではアビトゥーアと呼ばれる卒業試験を受け、それに合格すれば大学に行く権利を得られます。ギムナジウムの卒業後すぐに大学に行く必要はなく、例えば世界中を旅したいと思ったり、一度働いてみた後、改めて大学に行く人も多いです。そのため、大学生の年齢も様々です。

そして今回のテーマですが、日本では大学に入学するとたいていの人が4年間の間に単位を取って卒業していきます。留学したり、必要単位を落としてしまったりして留年する人もいますが、特別な事情がない限りはだいたい4年間で卒業する人が多いように思います。

ドイツでは学士(Bachelor)が制定されており、最短であれば3年間で卒業できるのですが、3年間で卒業する人はほとんどいません。学部によって異なりますが、学部の半数以下の学生が規定学期数以内で卒業しており、残りの半数以上が3年以上をかけて卒業することになります。日本の大学生と比べてみると、規定学期数以内で卒業する学生の少なさに驚きます。

■大学は絶対的な学びの場。ドイツと日本の違い
日本だと、1年以上の留年は何か特別な理由がない限り、白い目で見られてしまう可能性がありますが、ドイツでは3年で卒業していく学生は稀であり、多くの人が5、6年かけて卒業します。日本と同じように卒業には卒業論文を書きますが、卒業論文の締め切りに関しても日本に比べると緩やかです。

大学や学部によって大きな差がありますが、日本では大学入試を境に学業を怠る学生も多く見られますが、ドイツでは入学よりも卒業の方が難しいと言われており、日本のような大学生活を送っていては到底卒業できませんので、必死に何かを身に着けようとします。

この最短学期数で卒業する人が少ないというのは、単位を取ることが非常に難しいからということが理由にもなっているようです。また、せっかく大学に入学してみても、授業についていけず途中で退学を余儀なくされることも多々あり、ドイツで大学を卒業するということがいかに難しいことかがわかります。

これはドイツに限らず、アメリカやオーストラリアなどでも同じような傾向が見られます。

もちろん、大学や学部によって学校の方針が異なり、例えば日本の外国語大学でも日本の高校並みに勉強をしなくてはならないところもありますが、一般的に日本の大学生と外国の大学生を比べてみると、その勉強量には大きな差を感じるところが大きいです。

以前15歳の生徒を対象に行われた学力調査があり、コラムにも取り上げました。日本はその中では非常に優秀な成績だったのですが、これを全大学生を対象に調査をしてみたらどうなるのだろうと気になるところです。(ちなみに、世界大学ランキングでは38位に京都大学、39位に東京大学がランクインしていました。ドイツではミュンヘン工科大学が60位にランクインしているようです。http://www.topuniversities.com/university-rankings/world-university-rankings/2015#sorting=rank+region=+country=+faculty=+stars=false+search= )

最近では日本の大学生の就職活動の開始時期、そもそも新卒の一括採用に疑問を感じる人が多く(私もその一人です)新卒一括採用を見直す企業も増えてきたと聞きます。

日本の大学入試制度から、大学生のあり方についてそろそろ改めて考える時が来ているのかもしれませんね。特に国際的に活躍されるお子さんを育てられる場合は、日本の大学に進学しようとも外国の大学に進学しようとも、大学のうちに専門知識をしっかりと身に着けることが大事だということを伝えて置く必要があるように感じます。

【PR】

海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL
海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL