アメリカの大学の特色~日本の大学との違いとは~

アメリカの大学の特色~日本の大学との違いとは~

大学への進学を考えている帰国子女の中には、アメリカの大学への進学を検討している人や、日米のどちらの大学に進みたいのか迷っている人も少なくないと思います。ここでは、アメリカの大学の大まかな特徴を、日本の大学との比較も交えながらまとめてみたいと思います。

大学の種類

 アメリカの大学学部課程には、大きく分けて2年制大学と4年制大学があります。どちらも日本の高校を卒業していれば入学が可能になります。

2年制大学は”Community College”、”Junior College”などと呼ばれ、2年間の学部課程教育を行います。主に4年制大学での教養科目に当たる授業が行われており、日本の短期大学のように、卒業後は4年制大学の3年次に編入することができます。アメリカでは2年制大学の存在感は大きく、アメリカの高等教育において大きな役割を担っています。

4年制大学は大きく分けて「リベラル・アーツ・カレッジ」(”Liberal Arts College”)と「総合大学」(”University”、”College”)があります。

「リベラル・アーツ・カレッジ」では、学部課程における一般教養の習得を重視し、人文科学、社会科学、自然科学など特定の専門分野にとらわれない包括的な教育が実施されています。大学院の博士課程まで設置し、研究者の育成なども行う「総合大学」に対し、こちらは大学院を持たず、学部教育に専念しているところが多いです。そのため、教員は学部生に対する教育に力を入れることができ、また学生数も1000人から3000人程度と少人数のことが多いため、教員と学生との間のつながりや、学生同士の結びつきが強いことが大きな特徴です。日本国内では国際基督教大学教養学部が、このリベラル・アーツ・カレッジを範として設立された大学としてよく知られています。

一方の「総合大学」では、学部課程のほか、大学院の修士課程や博士課程を設置し、専門的な研究や教育も重視しています。規模は大学によってまちまちですが、公立の総合大学では学生数が2万人を超えるような大規模校も多くなっています。日本で単に「大学」と言う場合、多くの日本人がイメージするのがこの「総合大学」の形式だと思います。

なお、アメリカの公立大学は基本的に州立大学や市立大学で、日本には存在する国立大学は、アメリカでは陸軍士官学校や空軍士官学校など、主に軍事系の学校を除けば存在しません。アメリカの州は日本の都道府県に比べ非常に大きな権限を持っていて、通貨や軍に関することなど、アメリカ合衆国憲法が連邦政府の権限と定めている事項以外については州が権限を持っています。そのため、アメリカの州は「国家に準ずる」と言える位の力を持っており、その意味ではアメリカの州立大学が日本の国立大学に相当する、とも言えるかもしれません。

多様で柔軟なカリキュラム

アメリカの大学で学べることは非常に多様で、日本の大学ではあまり学べない分野でもアメリカの大学では学ぶことができます。例えば、ジャーナリズムについては日本の大学ではまだ深く学べる環境が整っているとは言い難いのが現状ではないかと思いますが、アメリカの大学では充実したプログラムが数多く設置されています。こういったプログラムの多様性が、世界中から留学生が集まってくる大きな理由の一つでしょう。

また、カリキュラムを一人ひとりの学生が柔軟に決定できる点もアメリカの大学の大きな特徴だと思います。2年制大学を卒業後に4年制大学の3年次に編入するケースも多いですし、4年制大学の間での編入も珍しくありません。また、高校を卒業後、時間を置いてから大学に入学する人や、働きながらパートタイムで大学に通う人も多く(注:留学生はビザの関係上パートタイムはできません)、学生の年齢層も幅広くなっています。それぞれの学生の生き方や興味、関心に沿って柔軟にカリキュラムを組むことができるのは、主体的に学ぶ意志のある人にとっては大きな魅力です。

専門性の高い分野は大学院で学ぶ

 アメリカの大学には、日本の大学の「医学部」や「法学部」といった学部は存在しません。こういった専門性の高い分野は大学院に設置されており、例えば日本の大学の医学部に相当するアメリカの「メディカル・スクール」は大学院という位置づけです。ですから、アメリカで医師を志す人は、まず4年間の大学学部課程を卒業後に大学院のメディカル・スクールで4年間学ぶ、ということになります。

アメリカの大学学部課程における教育では、学生が特定の学問分野に縛られずに、主体的にそれぞれが興味、関心のある分野を学ぶことで、それぞれの個性を伸ばし、人格を高めることを重視しています。アメリカの大学がリベラル・アーツ教育を大切にしているのはそのためで、学部課程の4年間自由に様々な学問分野を学んでいく中で自分の強みや才能を発見し、専門性を身につけたい人は大学院に進んで専門的な分野を本格的に学ぶ、というのがアメリカの大学の基本的な考え方です。

ここが日本の大学とは大きく異なる点だと思います。日本の大学では大学に出願する時点で志望する学部を選び、医学部など専門性の高い分野の教育も学部課程から始まります。また、カリキュラム上の自由度も、アメリカの学部課程と比べると低いところが多いように思います。それは逆に言えば、その分早くから特定の分野に特化した教育を受けることができるということでもあります。

ですから、例えば「将来は医師になりたい」とか「大学では法律を学びたい」いうように、将来の目標や大学で学びたいことが大学入学前から明確に決まっている人は日本の大学は良い環境ではないかと思います。一方で、「興味を持っている分野が複数ある」、「自分の強みを発見し、伸ばしたい」、「カリキュラムを自分で主体的に決定したい」という人はアメリカの大学も選択肢の一つとして考えてみるのも良いかと思います。

アメリカの大学で強く求められる責任感

このように比較的自由度の高いアメリカの大学ですが、自由であるということは同時に責任を求められるということでもあります。日本では大学生は、法的には成人も多く含まれているとはいえ、まだ大人とは見なされない傾向がありますが、アメリカでは大学生は自身の責任を自覚できる大人であるとみなされます。

アメリカの大学は日本の大学と比べ卒業することが難しいことでも知られています。2008年度に4年制大学に入学した学生が6年以内に卒業できたのは全体の約60%です。「4年間」ではなく「6年間」でこの数字ですから、いかに大変なことであるかが分かります。しっかり勉強しなければ卒業できないので、アメリカの大学生はとてもよく勉強する人が多いです。主体性を持ってまじめに勉強する気のある人や、自分の人生について真剣に考えてみたいと思っている人にとっては、アメリカの大学生活はとても満足できるのではないかと思います。
(出典:http://nces.ed.gov/programs/coe/indicator_ctr.asp)

【PR】

 

海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL
海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL