マルチカルチャーなシンガポールの教育環境とは?

マルチカルチャーなシンガポールの教育環境とは?

シンガポール_子供01シンガポールのインターナショナルスクール最大の魅力は、マルチカルチャーの中で学ぶことができるということです。
国家自体が中華系・マレー系・インド系など複数の民族で構成されていることもあり、多民族社会内で生きるためのノウハウが蓄積されてきた場所です。コミュニケーションする際は、相手に合わせて多言語を自在に操り生活をしている様子は、シンガポールならではの環境といえます。

インターナショナルスクールでも中国語の授業がある学校が大半で、バイリンガル以上を目指すことも可能です。

この様に多種多様なカルチャーを持った人々が集まる環境の中で、お互いの文化や言葉を理解しあい融合させていくという他国にはみられない教育が受けられることは、これからますます進むグローバル社会の中で生き抜いていく人材を育てるという点では素晴らしい教育環境が整っていると思います。

国際イメージまたビジネス環境の整ったシンガポールは、世界中から家族を伴い優秀な人材が集まるプロフェッショナルグローバル社会の一面もあり、その子供たちがシンガポールのインターナショナルスクールに通っています。注目すべき点は両親が別々の国籍であったり、国籍と育った国や環境が全く別であったりと、親たちの多様性がみられます。この様な家庭で育った子供たちと学習できるということもマルチカルチャーの中で学ぶということにつながります。

シンガポールには約40校のインターナショナルスクールがあります。これだけ選択肢があればどの学校選んだらいいのか悩みどころです。シンガポールのインターナショナルスクールに入学をする際にクリアーにしておく必要があることとして費用の面があります。

シンガッポール通貨最低でも学費が年間200-300万円。学費以外にかかるものとして英語の補習授業(ESL)、スクールバス、授業以外の校内活動(部活動)例えば水泳、体操、サッカー、音楽など)また、日本語の学習のための補習校の学費等、お子さんへの莫大な投資となります。また、入学審
査の段階から入学の保証もされていない状況で支払う審査料(Application Fee)も高額で、お金で入学者をコントロールしている一面もあると言えます。

実際の選考審査については、学校ごとの偏差値も存在せず、学校のランクづけも公表されていないこともあり、どんな基準で審査し生徒を受け入れているのが非常に不透明で、大体どこの学校も定員に達していてウェイティングリストに登録をして空きを待つか、あと数人しか空きがないとの返答が通常です。学校ごとで生徒の国籍や英語のネイティブスピーカーのバランス比率が大体決まっているため、例え空きがあったとしても、条件に合わなければ入学することができません。

インターナショナルスクールどの学校を選択したらいいのか、どの家庭でも悩まれることでしょう。しかしどの学校も優秀な生徒を集めたいはずです。そのため選考審査に推薦状が重要だと思われます。学力や学習意欲、学校生活での様子など推薦に値する生徒です。と太鼓判を押す内容の推薦状を、在学中の学校の担任や校長等にお願いして準備をしてもらうとよいでしょう。最後は学校側と生徒家族の条件や相性がマッチすれば、必ずお子様と親御さんにとって一番よい学校が見つかるはずです。

インターナショナルスクールでの学校生活は毎日が新しいことの発見ばかりです。ランチの時間ひとつとっても、ベジタリアンの子、ムスリムの子など多種多様なランチボックスを目にすることでしょう。お子様はきっと日本人としてのアイデンティティーをしっかりと持って、グローバル社会の中を生き抜いていく力を養っていってくれると思います。また世界中に友達がいるということが将来の人脈となり、お子様の人生に素晴らしい財産となるでしょう。

【PR】

海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL
海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL