海外で現地校に通うならぜひ利用したい日本語補習校

海外で現地校に通うならぜひ利用したい日本語補習校

海外で子育てをするうえで、子どもの日本語での教育をどうするか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。日本人学校に通わせるという選択肢もありますが、せっかくの海外生活の機会に子どもに現地での教育を経験させたいと考える方も多いでしょうし、お住まいの地域に日本人学校がない場合もあるでしょう。
ところが、子どもを現地校に通わせる場合でも、日本語補習校をあわせて利用することで日本語での教育も実現できるのです。実は私自身も小学校時代をアメリカで過ごし、現地校と補習校を併用していました。その経験を踏まえて補習校に通う意義についてご紹介したいと思います。

現地校に通いながら日本の教育も!日本語補習校とは

日本語学校日本語補習校とは、世界各地にある、平日の放課後や土曜日などを使って日本の学習指導要領に準じた小学校・中学校相当の教育を行う学校のことです。補習校によっては義務教育外の幼稚園や高校を併設していることもあります。将来子どもが日本に帰国して日本の学校に編入することを念頭に、日本の学校制度や学習指導要領に基づいて運営されています。そのため、日本の学校と同じ教科書を使うだけでなく、入学式や卒業式、運動会や遠足なども行われます。
また、すべての補習校で国語の授業が行われており、補習校によっては算数(数学)や社会、理科などの授業も行われています。日本政府の認可を受けている補習校では公立学校の教員が派遣されていることもあります。

通学圏に日本語補習校がなくても大丈夫!オンライン補習校とは

オンライン補習日本語補習校の多くは、日本人が多く住み、現地校に通う子どもが多い地域にあります。したがって、お住ま
いの地域によっては通学できる範囲に補習校がないこともあるかもしれません。

しかし、最近ではインターネットを通じて補習校の教育を受けることができる「オンライン補習校」が登場しています。オンライン補習校では、テレビ電話を使って少人数やマンツーマンで指導を行っています。オンラインと聞くと、どのような人が講師を務めるのか、またその教育の質はきちんとしているのか、といった点を不安に感じる方もいるかとは思いますが、補習校によっては無料体験レッスンを設けている場合もあります。

子どもにとって補習校に通うメリットは大きい

アメリカ_現地校みなさんの中には日本語での教育は自宅で補えば十分と考えている方もいるかもしれません。国にもよりますが、現地校の教育レベルは日本の学校と遜色ないでしょうし、子どもが受ける教育としては十分だと言えます。私の実感としても、例えば算数や理科はアメリカの現地校の方が進んだ内容を学んでいました。
しかし、子どもが将来日本の学校に戻ることを考えた際には、補習校にも通わせた方が良いと思います。国語や社会はもちろんですが、算数や理科なども日本語で習った経験があるのとないのとでは日本の学校への順応のしやすさが変わってきます。私が補習校で習っていたのは国語と算数だけだったので、理科は用語の違いにしばらく苦労しました。その一方、国語は漢字も含めて日本の学校のクラスメートに負けないくらい得意でしたし、算数も問題ありませんでした。
さらに、補習校には日本の学校生活に近い教育環境が用意されていることも子どもにとってはメリットとなります。補習校では宿題なども日本の学校と同じようにあるので、私が日本の学校に編入して違和感をおぼえたことは教室の掃除を自分たちですることくらいです(私が通っていた現地校でも補習校でも児童は掃除をしませんでした)。

普段は現地校に通いながらも、補習校で日本語での教育を受けることで、子どもの英語力と国語力、そして日本の社会生活に適応する力をバランスよく育むことができます。子どもを現地校に通わせる場合には、補習校を併用すると広い視野を持てるようになると思います。

【PR】

海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL
海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL