子どもをアメリカの現地校に通わせたほうがよいか?

子どもをアメリカの現地校に通わせたほうがよいか?

子どもがいる人がアメリカに赴任することになった場合、まず気にかかるのは子どもたちのことでしょう。特に日本人学校が赴任先の近くにある場合、わざわざ現地校に通わせて子どもに苦労させなくてもよいのではないか、と考える人がいたとしても不思議ではありません。
私たち日本語を母語とする人たちにとっては英語の壁は相当高いのは確かですし、また人種的にはアジア系に分類される私たちには人種差別によるいじめ、嫌がらせの心配もあります。親の不安は尽きることがないと思います。

アメリカ_子供01しかし私は、私自身がアメリカの現地校に通った経験から、子どもを現地校に通わせたほうがよいのではないかと考えています。その理由はやはり何といっても、日本の学校では経験できない、そして日本に住んでいたら決して経験できない「究極の異文化体験」ができるからです。

日本に住んでいてもインターナショナルスクールや英会話教室などもありますし、外国人と触れ合う異文化体験はできると思いますが、やはり自分が外国人というマイノリティの立場に立って、日本人とは異なる文化や慣習をじかに見聞するという究極の異文化体験というのは、実際に外国に住んで、しかもそこでも日本人と群れないようにしないと経験できません。
子どもの頃に外国に住むという経験は、ほとんどの子どもたちが経験できないことであり、子どもたちにとってはこの経験は、子どもたちのその後の人生に大きな影響をもたらすことと思います。この貴重な機会を逃すのはとてももったいないのではないでしょうか。もちろん、100パーセント良い
影響ばかりとは言えないでしょうが、良い影響が全くないということもないだろうと思います。

地域によっては日本人学校が周辺になく、やむを得ず半ば強制的に現地校に通わせなければならないケースもあると思いますが、私はそういった状況は不利どころか、大きなチャンスではないかと考えています。

このようなことを書くと、「この人は現地校でも何も問題なくやってこられたのだ」と思う人もあるかもしれません。しかし、それは違います。私は両親も祖父母も全員日本人の「純粋な日本人」で、しかも英語が堪能な人は誰もいませんでした。小学校5年生でアメリカに行くまで日本から出たことは一度もありませんでしたし、英語もはじめのうちはほとんど全く分かりませんでした。そのため、現地校で先生やクラスメートたちが言っていることが理解できなかったことなどしょっちゅうで、何度あったかは数えきれないので覚えていません。そんな事から恥ずかしい思いをしたことも何度もあります。
人種的にはアジア系に分類されるため、学校内のほかの白人の子どもから”Chinese!”(中国人!)とからかわれたこともあります。そのような、他人から見れば「惨め、哀れ」と映るかもしれない状況でも、現地校に徐々に慣れていって、幸いクラスメートの中に友人もできました。「彼らは自分の不完全な英語などあまり気にしていないんだな」と分かったのも大きな収穫でした。アメリカ_子供02
一概には言えませんが、子どもの頭の柔らかさ、柔軟性というのはすごいな、と思います。私以外の帰国子女の方の経験談でも、最初は現地校を怖がっていた子どもでも、次第に慣れていって、親よりも現地の外国語が堪能になってしまった、というような話もよく耳にします。

しかし、こういったケースに当てはまらない子どもたちもいるでしょう。現地校で、先述のように人種差別やいじめを受けたり、どうしてもなじめなかったりする子どもたちもいるかもしれません。そうした子どもたちには日本人学校や、日本の通信教育、オンライン教育を用いることを考えてみてください。まずは現地校にチャレンジさせて、どうしてもなじめない、という場合に日本人学校や通信教育などに切り替えたり、併用してみるなどを検討してみる事が良いのではないかと考えます。
そして例え現地校になじめなかった場合でも、未知の環境へ飛び込んで行ってくれた事を褒めあげて下さい。きっと次への自信に繋がるはずです。

子どものころに外国で生活するというのは、とても貴重な経験です。この貴重な機会を十分に生かすためにも、ぜひ現地校にチャレンジすることを検討していただければと思います。

【PR】

海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL
海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL