子供が帰国後に困らないために~渡航先の日本語学習~

子供が帰国後に困らないために~渡航先の日本語学習~

アメリカへの赴任が決まった親にとって子どもの教育への心配は尽きないと思いますが、その一つが「帰国後に子どもが日本の学校でちゃんとやっていけるのか?」ということだと思います。アメリカに住む日本人の子どもたちの多くは平日には現地校に通っています。アメリカの学校は日本の学校とは授業内容も使用する言語も異なりますから、帰国する予定のある子どもには、現地校で学ぶことに加えて帰国後の対策も行う必要が出てきます。つまり子どものうちから、言わば二足のわらじを履かなければならないわけで、これは子どもにとってはとても大変なことです。今回はこの帰国後を見据えた家庭学習について、小学生の一時期にアメリカで暮らし帰国した私自身の経験も参考にしながら考えてみます。

最も重要なのは「国語力」!

帰国後に日本の学校でやっていくうえで最も重要になるのが国語力です。これは想像に難くないと思います。一部の例外を除けば、日本の学校ではどの教科も日本語で授業が行われます。となれば、日本語力が不十分な状態で帰国してしまった場合は、国語だけでなく他の教科にも支障が出てきてしまう可能性があるのです。

国語力が最も重要であることは、子どものどの年齢層にも言えることです。小学校の中学年以前の子どもの場合はまだ日本語が母語として完成しておらず、一般的に適応力も高いため、日本語に接する機会が少ないまま現地校に通う日々を送っていると日本語力はどんどん低下していきます。小学校高学年以上の子どもの場合は日本語が母語として定着しているので、日本で通常の生活をしていくには何の問題もないと思いますが、これらの学年になると学校の国語のレベルも高くなっていき、古典や小論文といった高度な日本語力が求められる科目も登場してくるので、やはりこの層も国語力の対策は必須ということになります。

国語力の対策として有効なのは日本人補習校ではないかと思います。多くの補習校では帰国後を見据えた日本語力の養成の重要性を認識しており、私が通っていた補習校でも、日本で使用されている国語の教科書の音読や作文の練習、漢字の読み書き、読書など、かなり日本語力の養成には力を注いでいました。私は小学6年生の秋に帰国してすぐに日本の学校に戻ったのですが、日本の学校に戻ってから苦労したという感覚はあまりありません。これは補習校でのこうした教育のおかげであると今は思います。

もし皆さんの赴任予定先の近くに日本人補習校がある場合は、その補習校に通うことも検討してみることをおすすめします。赴任予定先の近くに日本人補習校がない場合は通信教育を利用する方法があります。私は通信教育もやっていたのですが、こちらも国語力の強化に役に立つと思います。通信教育の場合は補習校と比べると強制力が弱いので、子ども本人の意志力がある程度必要になってくることが補習校との大きな違いだと思います。

また、読書や日記も日本語の読み書きの力を高めるのには非常に役に立ちます。小さい子どもの場合は絵本などを読み聞かせてあげるのもよいと思います。私は日記はつけていませんでしたが、読書をする習慣はあったので、これも役に立ったと感じています。読書と言っても難しい本を読んでいたわけではなく、例えば親が日本で購入したアメリカ生活の手引き書もよく読んでいました。こうした手引き書には当然子どもの学校生活のことも書いてあります。それを読んで自身の現地校での生活と比較していたこともありました。きちんとした日本語で書かれている本であれば、ジャンルは何でも構わないと思います。

そして、家庭内ではアメリカでも日本語のみを使用するようにしましょう。特に小学校の中学年くらいまでの子どもによく現れるかもしれませんが、日本語として誤った表現などを子どもがしてきた場合にはその都度訂正して誤っている点を教えてあげてください。これだけでも日本語を「聞く・話す」力はかなり維持されるはずです。

現地校の長い夏休み期間を有効活用しよう

現地校の授業や課題もこなしつつ、その一方で帰国後に備えた日本の学習にも取り組むというのは大変なことですので、子どもにかかるストレスを最小限に抑えながら丁寧に進めていくことがとても重要になります。現地校が授業を行っている期間中は現地校の授業、課題を最優先に取り組むことが望ましいのではないでしょうか。そのためには、帰国後のための学習は少し停滞してもやむを得ないと私は考えます。現地校でネイティブと同じ英語の授業についていき、課題をこなすことは、それだけで普通に日本の学校で授業、課題をこなすよりもずっと多くの労力を要します。それに加えて同時に帰国後のための学習もちゃんとやれ、というのは子どもにとってはあまりに酷と言えます。

狙い目は現地校が夏休みの期間です。幸いアメリカの学校は夏休みが非常に長く、一般的には2か月半前後が夏休みです。しかも日本とは異なり宿題はほとんど出ません。なので、この期間を効果的に活用して、現地校が授業を行っている期間中にできなかった帰国後のための学習を進めていくとよいと思います。現地校に通っている期間中もやっておいたほうがよいのは国語、余力があればそれに加えて数学・算数です。これさえできれば大成功でしょう。現地校が夏休みの期間中は、普段できずにいる社会科や理科の学習も集中的にできますし、国語や数学・算数を補強する時間も確保できます。高校までの社会科や理科の学習内容は、端的に言えば知識を暗記することなのであって、これは日頃の継続が不可欠な国語とは異なり、短期間に集中して習得することもできるタイプの教科です。少なくとも小学生や中学生でこうしたことを理解して自主的に学習を進められる子どもは少ないと思いますので、親が助言をしたり、子どもが学習しやすい環境を作ったりすることもある程度必要になるかと思います。

まとめ

アメリカの現地校に通い、授業や課題をこなしながら、その一方で帰国後に備えた日本の教科の学習も行うというのはとても大変なことですが、子どもにかかるストレスを最小限に抑え、時間を有効に活用する工夫をすれば不可能なことではありません。帰国後を見据えるうえで最も重要になるのが国語力なので、補習校や通信教育を検討したり、子どもが興味を持っている分野の和書を購入してあげたり、家庭内では日本語のみを用いること、さらにその他の教科については、アメリカの長い夏休み期間を有効活用して集中的に取り組むといった方法が考えられます。子どもの心身の健康を第一に考えながら地道に取り組んでいくことが求められますが、それができればきっとうまくいくと思います。

【PR】

海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL
海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL