イギリスでも習い事をやってみよう!

イギリスでも習い事をやってみよう!

 バレエ、スイミング、ピアノ、体操、サッカー(Football)、タップダンス、乗馬、空手(Karate)、フランス語、スペイン語、公文(Kumon)などなど…

 日本と変わらず、イギリスの子どもたちも放課後は習い事に大忙しです。上にあげたものはイギリスで子どもたちがよく通っている習い事です。日本とあまり変わらないですよね。もちろん英会話はありませんが、やはり第2言語を学ばせたいということから、近隣のフランス語やスペイン語が人気でした。
 驚いたのは公文です。Kumonという日本と同じ看板で、ずいぶん広く親しまれていました。イギリス在住のインド系、中国系の子どもたちに人気があったようです。空手Karateもよく知られており、日本語で掛け声をかけていました。男の子女の子問わず人気で、同じ幼稚園の女の子が、「空手を習っていて、日本語で1~10まで言えるようになったよ。」って息子に話してくれたことがありました。ダンスもいろいろな種類がありますが、小さい子どもでもほんとにリズム感が良く、曲に合わせて上手に踊っています。少し前までは女の子はバレエ、男の子はタップダンスと言うのが主流だったそうですが、現在は男の子のタップダンス人口は減ってきているようで、どちらも女の子に人気の習い事になっているようです。

 ピアノ、スイミングは日本ほど盛んではありません。「日本の子どもはみんなピアノが上手なんでしょ?」と聞かれたことがありました。その時は、そんなイメージがあるんだなあ程度にしか思っていなかったのですが、帰国してから見てみると、確かに、ピアノを習っている子は多いし、ピアノがある家庭も多いことを実感しました。
 また、スイミングも日本ほど熱心ではありません。イギリスでは外で泳げる期間はとても短いので、室内プールが基本です。日本の様にほぼすべての学校にプールがあるなんてとても驚かれました。夏が短い上にそんなに気温も上がらないので、海水浴シーズンもそれほど盛り上がりません。それでも体を鍛えるために習っている子どもは多かったです。

 息子はピアノとサッカーを習っていました。サッカーはFootball with Daddyというレッスンに参加していました。週末パパと一緒にサッカーをしようというレッスンです。地元のクラブチームの選手が教えてくれます。3歳の頃でしたが、パパと一緒なので心強かったのもあり、とても楽しんでいました。
 日本とイギリスの習い事の、一番の大きな違いは、レッスン料の支払い方でした。どの習い事もほとんどが月謝制ではなく、参加する時にその都度支払うといった形になります。欠席する場合はその分のレッスン料はいりません。また、入会金や年会費もほとんど存在しません。そういったことから、気軽に習い事を始めることができました。

 乗馬が一つの良い例です。近くの牧場でレッスンがあり、行きたい時は、予約して5ポンド(約800円)持って行けば大きな馬に乗せてもらえました。確かに日本とは環境は違いますが、日本の様にレッスン料に加えて、道具を一式そろえ、教材を買い、入会金を払ってやっと参加できるといったハードルの高いものではありませんでした。子どもたちが気軽に始めることができ、行きたい時だけ参加できます。
 本格的に始めるとなれば、きちんとしたスクールに進み、それなりにルールもありレッスン料もかかりますが、それまでに子どもたちが気軽に体験できることはとても貴重だと思いました。

 おまけですが、ママ、パパ向けの習い事のお話を少ししたいと思います。住んでいたのが田舎ということもあり、大人向けのカルチャースクールはほとんどありませんでした。イギリス料理や、アフタヌーンティー講座、フラワーアレンジメント講座は日本に帰ってからの方がたくさんあります。せっかくヨーロッパの本場で本物を学べるチャンスではあったのですが、ロンドンの中心部にすべて集約されており、郊外からはなかなか参加できる距離ではありませんでした。それでもお料理教室やヨーロッパ関係の講座にロンドンまで出かけて行ったことも数回ありました。が、ご近所のイギリス人ファミリーが身近な先生でもあります。お家に招待された時は、パーティーの方法やお茶の入れ方を学びたくて、いろいろ質問して教えてもらいました。夏の夕方はみんな庭で食事していたりして、イギリス人のライフスタイルは本当に学びたいところがたくさんありました。

 パパたちは日本よりも勤務時間が短いため、仕事帰りにジムへ出かけることもたびたびでした。スカッシュやバドミントンなど気軽に楽しんでいました。ヨガやズンバといったエクササイズは地域の公民館などでも行われていて、私もたまに参加していました。また、ゴルフも日本とは違って気軽に楽しめます。週末には親子でうちっぱなしに行ったり、コースを回ったり。とても良い思い出になっています。ぜひ日本ではできない習い事にチャレンジしてみてください。

【PR】

海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL
海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL