大学の一般入試で帰国子女の英語力を最大限発揮するために

大学の一般入試で帰国子女の英語力を最大限発揮するために

 帰国子女には、帰国子女枠など特別な形の入試以外にも、一般入試を受験して大学入学を目指す道もあります。特に国公立大学は一般入試を経て入学する人の割合が高いですし、私立大学でもいわゆる難関とされているような大学では一般入試で入学する人が多いので、一般入試の受験を考えている帰国子女も少なくないと思います。

私自身もその一人でした。私の場合、アメリカから帰国後は地方に住んでいて、高校も地方の公立高校に通いましたが、そのためか進路指導では一般入試に重点が置かれていて、周囲の同級生も大部分が一般入試に備えて勉強していました。私も自然に一般入試を意識するようになり、それを経て大学に入学しました。

英語圏からの帰国子女にとって、一般入試を受験するうえでの課題の一つは、一般入試で出題される英語の問題の性格上、帰国子女の持つ英語力が十分に評価されない可能性が出てしまうことです。

どういうことかと言うと、一般入試の英語の多くは英語の長文読解や文法、会話文の穴埋め、英作文といった、英語を「読む」、「書く」の2つの能力をかなり詳細に問うものです。また、私立大学の場合は「読む」力のみが圧倒的なウェイトを占めていることも少なくありません。

一方、帰国子女の英語は現地での実生活の中で獲得されたものですから、英語を「聴く」、「話す」ことのほうがむしろ得意、という位に力をつけている人もいます。もちろん「読む」力や「書く」力がある人も多いですが、入試の英語は受験生をふるい落とすための問題なので、難関大学になればなるほど重箱の隅をつつくような難問が出題されることもあります。私も「こんな表現はネイティブ同士の会話でも聞いたことないな」というような問題を何度か見たことがありました。そして英語を聴いたり、特に話す力については、一般入試ではなかなか評価されません。

総合的な英語力が高い帰国子女も多いことと思いますが、その力が一般入試の英語で十分に活かせないとしたら、とてももったいないことです。今回はこうした性格の一般入試において、帰国子女の英語力を最大限活かすためにはどうすればよいのか考えてみたいと思います。

英語を聴く力は英語の読み書きにも活きる

先述のとおり、帰国子女の英語力は現地で暮らしていく中で身につけたものです。ですから、私たちが母語である日本語を身につけたプロセスとよく似た形で英語を身につけていったのです。

ここで、私たちが日本語を獲得したプロセスを考えてみましょう。私たちはまだ言葉が話せなかった乳児のころから、親や周囲の人が話す日本語を毎日聞いて、徐々に日本語を話せるようになっていき、また、本の読み聞かせなどをしてもらいながら、日本語を読むことも書くこともだんだんとできるようになっていきました。

ここからも分かるように、言語の習得において最初に獲得する能力はその言語を「聴く」力なのです。その言語を聴き取れるようになってから、話したり、読んだり、書いたりできるようになったわけです。つまり、言語の4技能の中で、「聴く」力は他の3技能を獲得するための前提条件であり、言語獲得において土台とも言える最も重要な能力とも言えます。

帰国子女も、現地で暮らす中で長い時間英語を聞き、リスニングの力が高い水準にある人も少なくありません。そして、この力は他の3技能の向上にも応用できます。つまり、現地での生活で培った英語を聴く力は、一般入試で求められる英語を詳細に読む力や書く力の向上にも活かせる最高の味方なのです。

私も受験生の時は時々英語のテレビ番組を勉強の合間に見ていましたが、英語を聴いてから長文問題などに取りかかると、比較的英語を読みやすく感じました。リスニングのない大学を受験する予定の帰国子女であっても、英語を聴くようにしていると読み書きにも役立つように思います。

また、入試問題の英語ばかりと格闘しているとどうしてもつまらなく感じてしまいがちですが、このように生の英語を聴いたり、帰国子女であれば子どもの頃の海外生活を振り返る時間を作ることによって、本来英語は「生きた言葉」なのだという当たり前の事実を再確認できます。私にとってはそれが再び受験勉強に取り組む原動力にもなりました。

一般入試の英語は帰国子女の英語力を磨いてくれる

帰国子女によって英語力もまちまちなのですが、いつ頃帰国したかによって、身につけた英語の「大人度」もまた異なります。

特に小学生頃までに帰国した人の場合は、現地の生活でも学校でも、高度な英語を使うことは少なめだと思います。これは日本の小さな子どもが使っている日本語を考えればよく分かることと思います。

こういった人の場合、英語の基礎的な力はとてもあるのですが、身につけた英語が「子どもの英語」にとどまっています。大人になってからも英語を使えるようになるには、それを「大人の英語」に引き上げていく必要があるのですが、一般入試はそれを大いに助けてくれるのです。

一般入試では英字新聞や雑誌の記事から長文読解問題が出題されるところもありますし、英文法や語彙の知識もかなり詳細に問われることも少なくありません。こういった入試の対策をすることで、自然と大人向けの英文を読む訓練になりますし、帰国子女が曖昧な理解のままにしてしまいがちな英文法の知識も整理できます。一般入試の対策をすることは、現地で身につけた「子どもの英語」を「大人の英語」へと進化させる絶好のチャンスなのです。

「受験勉強なんて何の役に立つんだ?」という不満がよく聞かれますが、少なくとも英語(特に長文読解)に関して言えば受験後もとても役に立ちます。私の場合は英語で書かれた本やWebサイトなどを読んでいるときに特に、受験勉強で身につけた長文読解や文法の基礎的な力が役に立っていると実感しています。

日本語もそうですが、「子どもの英語」と「大人の英語」は連続体として繋がっているものです。「子どもの英語」が身についているということは、「大人の英語」を身につける素地が完全に備わっているということです。一般入試を受験する予定の方は、海外で身につけた「子どもの英語」を「大人の英語」に発展させる一つの手段として、一般入試を捉えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

 これまで見てきたように、一般入試では英語を読む力や書く力に重点が置かれ、多くの帰国子女が他の日本人と差別化をはかれる英語を聴いたり、特に話したりする力は、現状ではあまり重視されていません。しかし、英語の総合的な力を持っている帰国子女も多いですから、一般入試が要求する英語を把握し、それに向けた工夫を凝らすことによって、一般入試でも大きな力を発揮することができます。そのうえ、帰国子女が弱点としがちな英文法などは一般入試に向けた学習を行うことで効果的に理解を深めることもできます。一般入試を英語力向上のための味方と捉えることができれば、結果として合格の可能性も飛躍的に向上するように思います。

【PR】

 

海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL
海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL